強すぎる冷房にはご注意を

2020年08月6日

さくらバランス接骨院・さくら整体院の大原です。真夏日、猛暑日が増えてきてご自宅やスーパーや職場などの出先、自動車の中などクーラーや冷房が効いた空間にいる時間が増えていることだと思います。外の気温と室内の温度の差は5度程度が良いといいますが自分で温度を決めれない環境なども多く身体を冷やしすぎてしまうこともあるかと思います。今回はこの夏気を付けたい冷房病についてお話したいと思います。

こんな困りごとはありませんか?

○手足や腰などの冷え

○身体がだるく疲れやすい

○食欲不振

○頭痛や肩こり腰痛などがひどくなった

○生理不順

これらのお悩みが最近出てきたという方は冷房病かも?

 

冷房病はなんでおきるの?

人間の身体には体温を一定に保とうとする働きがありその調節機能は温度差5度くらいが限度と言われております。冷房がガンガンに効いた室内と30度を超えるような屋外を行き来しているうちにその温度差に身体がついてこれなくなり汗をかく、血管を拡張させて熱を外の逃がすなどの身体の機能調節を行っている自律神経のバランスが崩されることによってさまざまな不調が現れます。手足や肩、腰などの部分的な血行不良により肩こりや腰痛、身体のだるさや冷えが起きます。またひどくなると四肢などの運動器の問題だけではなく自律神経の不調でもありますので食欲不振や下痢、生理不順、不眠などの自律神経がコントロールしている範囲にも問題が出ることがあります。

 

さくらバランス接骨院・さくら整体院のアプローチ

冷房病がひどくなると冷房がない時期でも血行不良や自律神経の不調などが残り秋になっても冬になってもいつまでも調子が悪いということもあります。手足の冷えや自律神経の不調はなかなかご自分では解消されにくいものです。さくらバランス接骨院・さくら整体院では冷房病の不調の原因となる血行不良からアプローチしていきます。

↓さくらバランス接骨院・さくら整体院の整体↓

産後骨盤矯正

整体でしっかり身体を動かして冷房に負けない身体づくりをお手伝いします!

 

自律神経を整えるのには鍼灸がおすすめです!鍼灸の刺激により滞っていた血行もスッキリ!冷房で冷えてしまった身体をお灸の熱で温めましょう!

↓さくらバランス接骨院・さくら整体院の鍼灸↓

プレミアム施術01

鍼灸というと、初めて施術を受ける方は「痛いんじゃないの?」「熱いんじゃないの?」と思われる方が多いですが、大丈夫です!

特に、日本の鍼は痛みが少ない構造をしており、鍼そのものの太さも注射器の針の孔に入ってしまうくらい細いので、痛みを感じにくいです。

お灸も火傷が当たり前だった昔のお灸と違い、心地よい温かさを味わっていただけると思います。

 

冷房は非常に便利で生活にはなくてはならないもので、熱中症の危険も冷房があれば和らぎます。しかし冷房が強すぎる環境にいると人間の身体は負けてしまいます。最近だるい・・・身体が重い・・・手足が冷える・・・思い当たる方はぜひさくらバランス接骨院・さくら整体院へいらしてください。

↓さくらバランス接骨院・さくら整体院↓

さくらバランス接骨院

1 2 3 4 5 19